産後 肌荒れ 改善

産後の肌荒れ改善講座【ニキビや乾燥をなくす劇的スキンケア方法】

産後の肌荒れニキビ・乾燥を徹底改善!

産後の肌荒れを改善するスキンケア方法を紹介します。産後の肌荒れは大変ですよね。ただでさえホルモンバランスが乱れがちになるところに、子育てで休むまもなく、十分なお手入れができていいない方も多いのです。ニキビや乾燥対策のスキンケア方法を解説します。

保湿をしっかりとする

出産後、女性ホルモンのバランスの乱れによって肌荒れなどの肌トラブルが起こりますが、スキンケアとしてはどのようなことに注意すればいいでしょうか。 出産後、女性ホルモンの減少でお肌は乾燥しがちです。ですので、保湿力が高いスキンケア化粧品を使って、しっかりと保湿ケアすることが大切なのです。

 出産するまでは、女性ホルモンの分泌が正常に働き、肌の潤いが保たれていますが、出産して女性ホルモンが減少すると肌に潤いがなくなり乾燥しがちになります。また出産後、肌の乾燥・ホルモンバランスの乱れから、にきびになる人が多いのです。 ですので、出産後の基礎スキンケア方法は肌の保湿成分の量が多いものを選びましょう。更に美容液やクリームを使ったりして肌の保湿・保護をしっかり行うことが大切です。

お肌がリラックスできるように工夫すること

また、入浴するときも一工夫することが大事です。入浴は殺菌・坑炎作用があり香りが適度にある入浴剤を用いるとボディケア・スキンケアだけでなく、リラックスでき効果があります。出産すると育児疲れによるストレスで肌の乾燥など肌トラブルが酷くなります。 お肌の保湿ケアを重点的に考えてスキンケア化粧品を選ぶようにすることが大事です。

そして、生活習慣を改善することが大事ですが、育児中はなかなかスムーズな生活スタイルが難しいので、そのような場合はサプリで栄養を補給するのも効果があります。 妊娠中、出産後のコスメもお肌に優しく保湿成分が多く含まれているものを選びましょう。たとえばファンデーションはクレンジングをしなくても、洗顔だけでも落とせるミネラル成分入りのお肌に優しいパウダリーファンデなどがいいでしょう。

パウダリーと聞けばパウダーが、お肌の水分を吸い取り、余計肌の乾燥が進むのでは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションに比べると優しいものです。 ファンデーションに含まれている界面活性剤や防腐剤は肌荒れの原因になります。ですので、妊娠中も出産後もあまり濃いメークをすると、肌荒れの原因になる場合がありますので、薄いメークを心がけることも必要なのです。 また、基礎化粧品としては後述の化粧品がとてもおすすめです。

産後肌荒れのニキビ・乾燥専用の化粧品

日ごろの生活習慣を改善することはもちろん大切ですが、化粧品もできることなら専用のものにしましょう。お肌からのアプローチを併せて行うことで、効果的にニキビや乾燥を改善できることが期待されます。 産後肌荒れの改善に欠かせないことは、
保湿をしっかりすること
ホルモンバランスを整えること(リラックス) 
大きくこの2つです。 なかなかこの2つの効果を兼ね揃える化粧品はないのですが、ひとつ自信を持って紹介できる化粧品がこちらです。

ラ・ミューテ

保湿とホルモンバランス調整、この2つをドンピシャで行ってくれるのがラ・ミューテです。

 ダマスクローズが女性ホルモンに働きかけて、ホルモンバランスを整えてくれることが最大のポイント。敏感肌気味の方にも優しく、スーッと馴染むようなテクスチャーです。またナチュラルなローズの香りが単純にリラックス効果を高めてくれるはず。

さらに、3種のセラミドがしっかりと肌の水分をキープ。しっかり保湿をしてくれます。
まさに、産後の肌荒れ対策のために生まれたような化粧品なのです。 

 出産後も、いつまでも美しくありたいのは女性として当然のことです。 ただし、特に出産という身体への大きな変化が起きてからしばらくは、今までよりも柔軟で丁寧なスキンケアを心がけることが大切なのです。

ニキビ・吹き出物がひどい時の対策

 洗顔をこまめにする

産後、女性ホルモンのバランスの崩れや育児ストレスによりニキビや吹き出物ができますが、その場合のスキンケア方法はどのようにするのがいいのでしょうか。 スキンケア化粧品は、ごく一般のニキビなど吹き出物用の化粧品で十分ですが、あまり症状がひどい場合、皮膚科を受診しニキビや吹き出物など炎症を抑える坑炎剤、抗菌剤入りの塗り薬や内服薬を処方してもらいましょう。 普段のお手入れでは、洗顔をこまめにすることが大切です。

また、指でつぶしたり、手で障ったりしないようにしましょう。このときに気になるからといって手で潰したりすると後にニキビ跡として月のクレーターのように皮膚に残ってしまうと改善が難しくなってしまいますので注意が必要です。 洗顔は丁寧に優しく行い、できれば泡洗顔を使うなど肌に摩擦が少なく毛穴の汚れをすっきり落とす成分入りのものを使うほうがいいでしょう→参考:毛穴 洗顔

普段の生活でできること

しかし、洗顔がいいからといって1日に何度も行うのはかえって肌に刺激を与えるので良くありません。ですので、一日に1~2回が適当です。また、育児で忙しくても夜中の12時~2時の間は寝るようにしましょう。この時間帯は皮膚が生まれ変わるピークの時間帯なので美肌のためにも睡眠は大切なのです。

では、生活習慣においてはどのように気を使うべきでしょうか。体に負担がないように適度な運動と育児の合間にできるだけ睡眠を取るように心がけましょう。 またバランスが取れた食事を心がけ、十分な栄養摂取を心がけることが必要です。便秘はニキビ肌や吹き出物に大敵ですので、繊維質の多い野菜や果物を多めに取りましょう。

メンタルケアとしては周りの人や夫のサポートなども必要ですが、自分でできる方法として簡単なところではアロマオイルの利用です。ゆっくり湯船につかるなど短い時間でもリラックスできるできますので、時間がある時はアロマの活用などもお勧めです。

化粧品の選び方としては肌の乾燥からニキビや吹き出物ができやすくなるので、乾燥肌を改善するのに保湿成分がタップリ入ったローションや乳液などを使い、クリームや美容液などでしっかり保湿しましょう。

産後のニキビにおすすめのラ・ミューテ