産後 肌荒れ かゆみ

産後の肌荒れ改善講座【ニキビや乾燥をなくす劇的スキンケア方法】

産後にかゆみや赤みの肌荒れ症状が出た時の対策方法


生活習慣に気をつけること

産後に赤みやかゆみが出た時の対策方法について解説いたします。産後の基本的なスキンケア方法は保湿成分たっぷりの化粧品を使うことです。産後のお肌は敏感で乾燥しやすく肌の保水と保湿が大切なのです。まず、気を使うべき生活習慣は、できるだけ規則正しい生活リズムをこころがけるということです。

育児中2・3時間おきに赤ちゃんに授乳するのは大変ですが、できるだけ睡眠時間を取るようにするほうがいいでしょう。たとえ産後でもお肌が美しいお母さんは合間合間、美肌の為にできるだけ寝るように心がけています。 やはり、睡眠不足が続くと肌荒れなど肌トラブルが起こるだけでなく、メイクののりも悪くなります。

短い時間しか睡眠が取れなくても少しでも睡眠をとるだけで、かさ付いていた肌の回復や産後育児の疲れなど回復するのも早くなります。 また、毎日の食事での栄養摂取も大事です。すっきりお通じが出ないと肌にも悪く便秘しないように食事メニューにも気を配りましょう。繊維質の多い緑黄色野菜、果物など多めに取り、手っ取り早いからといって、お菓子やスナック類は控えましょう。十分栄養を取ることで肌荒れを防ぐことが出来ます。

症状に合わせてお手入れをする

肌荒れによってかゆみや赤みが生じた場合は、塗り薬などで収まりますが、内服薬もありますので、あまり症状がひどい場合は、皮膚科の医師に処方してもらうのがいいでしょう。また肌荒れの症状を落ちつかせる漢方薬などもあります。

そして、肌荒れやニキビなどメンタルケア化粧品の選び方としては、一般的に敏感肌用の肌に優しい成分が配合されている化粧品がおすすめです。 例えば、ハーブエキスが配合されているの化粧品は、ニキビケアにも効果があり、精神的にもリラックスできてメンタル的に効果を期待することが出来ます。また、顔や鼻や胃腸などに直接ぬることができるアロマオイルなどもあります。

なかでもストレス用アロマオイルは近年でも人気の商品となっています。勉強疲れの学生の方、仕事疲れのサラリーマンの方、育児疲れのお母さんに、さまざまな疲れに効果があるアロマオイルです。まるで、森林の中にでもいるような樹木の香りにつつまれ、疲れを癒す効果があります。